エリンギ・エリック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告 / --月--日 / --:-- /(--)
/
とーちゃんも私も疲れててあんまり写真を撮れてないので小さいころの写真をいくつか。

あおむけ寝のはしり。
05093003.jpg


ぬいぐるみとともに寝こけるエリック。
05100202.jpg


(ぬいぐるみについてのツッコミはナシの方向で)

後ろのふすまはダンボールでブロック。通称「エリックバリア」
05100304.jpg


香箱を作り始めた頃。
05100904.jpg


麦茶とウーロン茶が好物。動物病院で「飲ませても大丈夫ですか?」と聞いたら「緑茶じゃなければ大丈夫だけど、そんなもん飲むの?」と笑われた。
05103001.jpg


寝ているところをちといたずらして、ベッドに敷いてあった古着をまるめてもたれかからせてみたが
05110403.jpg


…起きない。

この頃からずっと「家で一番元気なのはエリック」が続いてる我が家。
今週末はとーちゃんの生まれ育った田舎(比喩ではなくほんとーに田舎。合併前は山間の村で、人口千何人。空気と水がおいしく夜は満天の星と川のせせらぎのみ、というところ)へ2人と1匹で帰って、エリックを義母さんに預けて近くへ出張してくるとーちゃんと私の大学時代の友人に会って、リフレッシュしてきます。

スポンサーサイト
カテゴリ:回想・昔のエリック / 03月12日 / 22:02 /(Sun)
コメント (4) / ≫トラックバック (0)
このご時世になぜか凄まじく人不足のワタクシの仕事先のコンビニ、さらに一人抜けることになってシフトが大騒ぎです。
エリックが来るまで「転勤多いし勉強してるから」と専業主婦を決め込んでいた私ですが、引越し後は家賃の差額分くらいは稼がねばならぬ…と、働きに出てみたら友達もできて結構楽しくやってます。コレもエリックのおかげかしら。

社宅時代のエリックの写真を何枚か。

チラシボールを追いかけるのが大好きでした。

05100102.jpg


今この猫ベッドに入るとみっしり詰まっちゃうんだよな…。コタツの中で愛用してるけど。

05100108.jpg


この後当然前足にくっついてしまい「ふるるるるる」と怒り声。

05100306.jpg


「夜寝てる間につぶしたらどうしよう」って二人でよく心配してました。足元をすり抜けて走るのでうっかり蹴っ飛ばしそうで怖かった。

05100801.jpg


まだこのCD棚の上に乗れなかった…いまは乗って私に「とくいげっ」な顔をしてみせるのが大好き。

05100805.jpg
カテゴリ:回想・昔のエリック / 02月23日 / 17:29 /(Thu)
コメント (7) / ≫トラックバック (0)
__hr_05100808.jpg


保護2週間目。「すぴーすぴー」

エリックのことを「これは人間に飼われていたな」と直感することができた理由がいくつかあります。
まず、エリック自身の行動です。
人間を全く用心しないという以外に、社宅近くの一軒家の庭先で飼われている柴犬の前にちょこんと座っていたエリックを夫が窓から見ています。野良だったら親が決して近寄ってはいけない、と教えるはず。
(幸いその柴犬は吠えることすらできない怖がりで、エリックを見て家の中に逃げ込んだらしいですが)
そして教えなくてもちゃんとトイレを使ったし、人間の食べ物にはほとんど興味がありません。私達が「これ食べてみなー」とあげてしまったので、昆布〆のお刺身や白身のお魚を焼いたものは食べるようになったけれど、青魚や肉、ごはんやパンといった炭水化物は出しっぱなしにしておいても全く食べません。
それなのに猫用フードは、ウエットフードもドライフードをふやかしたものも、最初から当たり前のように、においすらほとんどかがず器からぱくぱくと食べました。
(唯一「ますのすし」にだけひどく反応するのですが、こちらではおにぎりにしてあちこちで売っているので、社宅の公園で誰かに食べさせてもらったから?と思います)

プラス、動物病院でエリックを見た人から「エリックにそっくりな大きさ・外見の猫をほぼ同じ時期に保護したという話を近くで聞いた、エリックと同じように猫風邪に感染している、前夜見慣れない車が止まっていたらしい。」という話も聞きました。
車なら15分くらいで行けるところです。
(保護翌日、まだ飼う、と決断する前だったのですが、せめてその話を聞いた人の連絡先くらい聞いておけばよかった…エリックの兄弟に会えたかもしれないのに…とっても後悔しています)

さらに社宅での「朝一番からずっとうろうろしていた」という複数の目撃談と、夜に明かりをつけずに留守番させると異様に怯えるところ(今も暗いときに私達がいないと怖がる)を加えて考えてみると、エリックは夜の間に突然公園に放り出されたのかな…と。

もしかしたら、エリックやエリックの兄弟を車で夜のうちに次々捨てたのかな…と思うととても悲しくなります。どうして貰い手を捜してくれなかったんだろう。皆保護されていればいいけれど、保護されずにいて、今年の豪雪、無事だったんだろうか、と本当に切なくて。

夫は「あんまり気にしないで、考えすぎないで、エリックは空から降ってきたんだと思っておけ」と言ってくれますけれど。

__hr_05100802.jpg


「おいらはとろいしあまえんぼうだからのらじゃなかっただろう、ってかーちゃんいうけど、なんとなくばかにされてるきが…」
カテゴリ:回想・昔のエリック / 02月21日 / 16:56 /(Tue)
コメント (4) / ≫トラックバック (0)


引越し10日前くらい。
「とーちゃんとかーちゃんがバタバタしてるけどおいらよくわからんです」

家探しのときに参考にしたサイトがあります。

All About 「「ペット可」だけで安心しちゃダメ! 賢いお部屋選び」

これを見て不動産屋さんに沢山質問しましたけど、いやな顔せずに答えてくれました。入居直後に洗濯機に使う水道栓の故障がわかったときにもすぐ(休日にも関わらず電話して1時間後に水道屋さん登場)直してくれたり、とてもいい不動産屋さんに当たれてよかったね、と今でも言っています。
大家さんはちょっと離れたところにお住まいですが、息子さんのご家族がアパートの一室にいらして、水道代の計算、町内会の連絡など管理業務をやっておられるのも安心です。

引越しの日に簡単な手土産を持って上下左右を回り、
「子猫がいますのでうるさかったらおっしゃってください」
と挨拶してきました。
「うちも猫がいますよ」「うちこそ、子供がいてうるさいからよろしくお願いします」という方ばかりで、またこのご挨拶をきっかけにお隣の猫飼いさんと仲良くなれて助かりました。
カテゴリ:回想・昔のエリック / 02月20日 / 14:09 /(Mon)
コメント (0) / ≫トラックバック (0)
__hr_05100301.jpg


元気になって涙と目やにで焼けていた顔も綺麗になった頃。
おいおい、くっつくぞ。

引越し先を探し始めた私たちでしたが…。
こちらは結構田舎なせいか、ペット可のアパートは数が少なく、凄まじく古いか高いかというケースが多かったです。
とーちゃんは全国転勤族なので「この際思い切って家を買う」なんてこともできず(頭金になるほども貯金してないし)一生懸命探した末、折り合いがつくところが見つかりました。
築25年ですが内装はリフォームがしてあって、社宅よりずっと設備がいい。
さらに駅徒歩1分と近いので、とーちゃんもバス乗り継ぎ通勤から電車通勤になり、渋滞に焦らずに済みます。(これが今年の豪雪でとても助かることとなる)

とはいえ敷金・礼金を納め、さらに荷造りは自分達でできるけれど、家具は絶対に引越し屋さんを頼まないと運べないものがある。(以前隣県への引越しで自力でできないか考えたけれど、「本棚と食器棚、洗濯機を素人が運ぶのは絶対に無理」という結論になった)
車の購入予定を延ばさなきゃだめかなあ、この土地は車がないと不便でたまらないんだけれど…とユウウツになっていた私でしたが、不動産屋さんに事情を話したところ
「これから飼うから、っていうんじゃなくて、猫拾ったから引越しって人は初めてだーって大家さんもびっくりしてて、そういう事情ならってことで…」
と敷金を少々引いてもらえることに。
さらに転勤で利用してきた引越し屋さんに見積もりを頼んだら、営業さんが猫好きで、やはり値引いてもらえました。

問題は新しい部屋が1月先まで空かないことです。
他の部屋も検討しましたが、どこも「2週間以上先」「リフォーム終わり次第」という返答。だったら気に入った部屋を待とう、ということになったのですが、それまで社宅暮らしをどうするか。
いっそ義母さん(猫大好きで飼っている。保護直後にアドバイスを沢山くれて今も指導係。「1頭が精一杯だから引き取れない」と言っていたが、しばらく預かるくらいならいいよ、とのこと)にでも預けるか…と言っていたのですが、これも天は我に味方せり、な出来事が。

ちょうど国勢調査の時期で、社宅歴がとても長く、社宅や町内会の世話役もやっておられる奥さんが私達の部屋を訪ねてこられました。
思い切って「子猫を拾って、引越し先が1月先まで空かなくて」と話してみると、なんとその奥さんもエリックを見かけて気にかけていたということ。
それどころか
「子供から話を聞いて心配していた人が沢山いる、拾ってもらえて本当によかった、ありがとう。本当はみんなで貰い手を捜さなきゃいけないところなのに、引越しまでさせちゃってごめんね。」
と言われ、
「皆にちゃんと話しておくから心配しないで、実家のご両親が亡くなって仕方なく猫を連れてきた人のこともずっと黙ってたことがあるから大丈夫」
と心強いことを言ってくださいました。

そして本当に皆さんに話してくださったらしく、「ありがとうね」「判ってるから心配しないでね」と声をかけてくださる方が続出。

おかげで、最上階からエリックを病院に連れ出すとき、本当に楽になりました。

出て行くときまで社宅に絶対に傷をつけないように、ノミや毛を残さないように床には自前のカーペットを敷き詰め毎日「じゅうたんコロコロ」と掃除機を使って掃除、週に1度はエリックが入れないようにして「ダニアース」(これ、ノミにも効きます)を使用。
ふすまや壁はダンボールでカバー。押入れには絶対に入れないために本を入れた箱で入り口を封印、とかなり不便でしたが、エリックのためじゃ!と頑張って暮らしました。
カテゴリ:回想・昔のエリック / 02月19日 / 23:02 /(Sun)
コメント (5) / ≫トラックバック (0)
≫プロフィール

エリックのかーちゃん

Author:エリックのかーちゃん
・エリック
・ジーグ
・メイベル
・シオン
・かーちゃん
・とーちゃん

2人と4匹の楽しい生活。

≫最近の記事
≫最近のコメント
≫最近のトラックバック
≫月別アーカイブ
≫カテゴリー
≫リンク
≫ブロとも申請フォーム
 
/ 次へ

≫なまこクラブ

20070112170850.gif
20070112170901.gif
20070128211112.gif
jumin13-a.jpg
jumin15-a.jpg
jumin18-a.jpg
town.jpeg

 
≫ブログ内検索
 
≫RSSフィード
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。